練習グリーンではカップだけを見てボールを見ずにパッティングします

練習グリーンではカップだけを見てボールを見ずにパッティングします

本番では練習グリーンのイメージを再現。カップを見ながら素振りをすれば距離感が合うはずです

本番では練習グリーンのイメージを再現。カップを見ながら素振りをすれば距離感が合うはずです

 本番では練習グリーンのイメージを再現。カップを見ながら素振りをすれば距離感が合うはずです。

 

 今回はパッティングについて説明します。

 

 まず、ロングパットです。ここでは距離感のつかみ方が重要になります。スタート前に練習グリーンでスピードを入念にチェックすることが基本です。その日のグリーンのスピードを体に覚え込ませます。カップだけを見てボールを見ずに打つ練習も有効です。難しそうに感じるかもしれませんが、実はそうではありません。この練習で距離感をつかむことができます。ぜひ、試してください。

 

 そして、いざ本番のコースでは練習グリーンのイメージを再現させるのです。カップを見ながら素振りをします。きっと距離感が合うはずです。

 

 次に1メートルのショートパット。入れたい距離だからこそロングパットよりも神経を使うし、難しい。それはプロもアマも同じです。

 

 最近、私が取り入れた練習法を紹介します。

 

 1メートルの真っすぐのラインにボールより少しだけ広い幅にティーを2本刺します。ここにボールを置いてティーごと打つようにパッティングします。この練習を繰り返すことによってインパクトでブレることがなくなり、真っすぐにヒットできるようになります。本番の1メートルのショートパットでも、この2本のティーがあることをイメージします。そうすると、しっかりとしたインパクトができます。

 

 1メートルの距離の場合、よほどの下りの急傾斜でない限り、狙い目はカップ内側、あるいはカップ縁になります。真っすぐにヒットできれば必ずカップインします。そう、思い込むこともショートパットでは大事です。

 

 ◆江沢 亜弥(えざわ・あや)1994年4月21日、埼玉・日高市生まれ。21歳。大東建託所属。3歳でゴルフを始め、8歳から大宮英二プロ(47)の指導で本格的に取り組む。埼玉栄高2年時に全国高校選手権で団体優勝。13年8月のプロテストに一発合格。昨年、ツアー優先出場権を争う最終予選会で21位になり、今季のほぼすべての試合の出場権を獲得。家族は父・利光さん(47)、母・佳子さん(48)、妹・亜季さん(17)。161センチ、53キロ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る