ishikawa_ryo2

 石川遼が1年2か月ぶりの優勝を果たしたANAオープンを取材して、うれしいことがあった。18番グリーンで優勝スピーチを終えようとしていた石川は何かに気づいたのか「あ、すいません」と言葉を止め、続けた。

 「この大会を支えてくれたボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。僕らがこうやって安心してプレーできるのはみなさんのおかげです。このコースはラフが深いので、僕の曲がったボールを見つけてくれて助かりました。おかげさまで1個もボールをなくさずに済みました」

 何と温かく、気の利いたコメント。後方で聞いていたボランティアの方々だけでなく、スタンドのギャラリーにも笑みが浮かんだ。型通りの優勝コメントにはない、心のこもったあいさつだった。

 一度スピーチを終えようと思った後にボランティアへのお礼を言ったため、うまくあいさつが締められなかった。「久しぶりの優勝スピーチで慣れてなくて…、どうしたらいいのか分からないですが」と、少し照れながら続けた。

ishikawa_ryo3

 「なまらいい経験をさせてもらいました。ありがとうございました!」

 とっさのアドリブで出た北海道弁に、ギャラリースタンドが再び沸いた。このシーンを生で見ていた人はきっと、また男子ツアーに来たいと思ってくれるはず。絵になる男は、やっぱり違う。

 

tyokusou_2

 ◇岩崎 敦(いわさき・あつし)
1971年4月13日、千葉県生まれ。早大卒業後、94年に報知新聞社入社。内勤のレイアウト担当、サッカー担当などを経てゴルフ担当は2000~02年、07~10年、15年~の3回。マスターズなど米ツアーは20試合以上取材しているが、一度もタイガー・ウッズの優勝を見たことがない。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る