苦手な人は、何としても避けたいのがバンカーショット、最も簡単な考え方とは?

 石川遼選手とジョーダン・スピース選手、若くして注目されている2人の共通点は何でしょうか?

 当時、15歳だった石川選手は「2007年マンシングウェアオープンKSBカップ」の17番でグリーン奧からのバンカーショットを華麗に沈めて、勝利を手繰り寄せました。

 ジョーダン・スピース選手は「2013年ジョンディアクラシック」の18番で、プレーオフに持ち込むバンカーショットをピンに当てて沈めました。

 2つの「スーパーショット」、今回はバンカーショットについて説明したいと思います。

 アマチュアの皆さんにとって、嫌いなショットの上位に来るのが、バンカーショットではないでしょうか?

 1回で脱出できれば最高。2回3回と連続して打ってしまうことも度々。バンカーを避けてプレーをしたいところですが、避ければ避けるほど、バンカー手前からのアプローチではボールはトップしてしまいバンカー内へ・・・。

 誰もが嫌うバンカーショットを成功させ、チップインまで狙えれば、これほど嬉しいことはないでしょう!

 それは、考え方1つで身につけることも可能です。

1)バンカーショットを考察してみると。

*低い位置
 ほとんどのバンカーはグリーン面よりも低い位置にあります。グリーン面を低い位置から観察することができるため、ラインや落とし場所が読みやすいと言えます(ルートの検索)。また、低い位置のため、ボールを上げなければならず、エクスプロージョン(砂の爆発)が求められます。

*ボールを直接打つ必要がない
 インパクトはボールではなく、砂に向かって行うことが求められるので、アバウトで良く、砂の取る量やフェース角によって球筋を変えることができます。

くの砂+オープンフェース=高い球、近いピン
ない砂+少しのオープンフェース=低い球、遠いピン

*スピンがかかる
 ボールと砂とクラブの衝撃によりバックピン量が増します。また、上級者に見られる傾向として、入射角をコントロールし、フォロースルーのクラブの抜き方で、スピンや高さを調節している技があり、難易度の高さがうかがえます。

高い入射角+多い砂=高い球+スピン(少)
低い入射角+少ない砂=低い球+スピン(中)
高い入射角+少ない砂+高いフォロー=スピン(多い)

*様々な組み合わせが自由自在
 スピードやフェース角、入射角、砂の取る量等が自由自在にできます。いろいろな組み合わせが可能なことが、バンカーショットの魅力でもあります。状況に応じて打ち方を調整するタイプと、同じ打ち方であらゆるバンカーに対応していくタイプがあります。前者は器用なタイプ、調子の波が影響します。後者は安定した結果、大きなミスは少ない傾向にあります。

*振り切れる
 砂を打つショットであり、目安として3倍の強さでスイングしていいので、振り切れるメリットがあります。インパクトでスピード調整する心配が無く、テンポよく振り切れます。

*ボギーを覚悟出来る分、楽に打てる
 バンカーに入れてしまった以上、1回は覚悟を決めます。ボギーでも仕方がないと思うことにより、下が決まり上を目指すチャレンジ精神が芽生えます。
 これに比べて、花道からのアプローチでは、セーブして当たり前との思いが、プレッシャーとなる場合があり、バンカーの方が上手くいく精神構造がここにあります。

バンカーショット(ボギーでも仕方がない)→思い切りが、好結果へ
花道アプローチ(絶対にパーセーブ)→緊張して、硬くなりミス

*落とし場所に集中できる
 砂をアバウトに打ちぬくバンカーショットだけに、インパクトのことよりも、落とし場所に集中できます。 上級者は、落とし場所、ボールの高さ、砂をはじく音、砂の手ごたえ、クラブヘッドの抜けを重要視します。その反面苦手な方は、悪い結果に怯え、なんとか成功させよう当てることだけを考え、萎縮してインパクトをむかえる傾向にあります。

2)世界標準なバンカーショット(方法)

  • *ターゲットに対してスクエアなアドレス
  • *ワイドスタンス
  • *ハンドダウン
  • *ハンドレイトの構え
  • *アウトサイドバック
  • *ハンドファーストオープンフェースインパクト
  • *左脚体重インパクト
  • *クラブを長く持つ

3)難しくしている理由

  • *ハンドファーストで、シャットフェース
  • *ボールに近く立つ
  • *インサイドバック、シャットフェース
  • *右脚体重インパクト
  • *クラブを短く持つ

4)バンカーショットを成功させるための注意点

*砂質とバンスの使用法
 硬いバンカーは、バンス角がはじかれる恐れがあるので、あまりフェースを開かないほうが上策です。柔らかいバンカーは、フェースを開かないと、クラブが砂の中へもぐってしまい、ボールが飛ばないので注意が必要です。

*雨あがり
水分を含んだバンカーは、インパクト衝撃の伝達力が良く、ボールが比較的良く飛んでしまう傾向があります。少し手前から転がってよるイメージで臨みましょう。

*近いバンカー、遠いバンカー
 56度のSWクスプロージョンショットの限界距離は、25~30ヤードとした場合、それ以上の距離に対応するには、AWやPWを開いてショットする場合と、SWで直接クリーンに打つ場合があります。
 もっとも簡単で効果的な距離の内訳方法は、右肘の使用方法です。遠いバンカーは入射角を浅くするために、右肘を遠くに。近いバンカーは入射角を鋭角するために、右肘を近くに上げていきます。

5)絶対に避けなければいけない方法

*クラブフェースを閉じ気味に構え、インサイドへバックスイング
  → 砂を多く取ってしまい、飛ばない
  → アウトサイドへオープンフェースで上げます。

*ボールを上げようとして、右脚体重
  → インパクト前にクラブヘッドが上昇してしまいトップミス
  → 左脚体重で構え、クラブヘッドを砂へ打ち込むまで上を向かない。

詳細は、PFGA赤坂ゴルフスタジオにて!

【新刊情報】『90を打たないゴルフ ゴルフに行き詰まったら読む本』(実業之日本社)小暮博則 著2015年9月18日発売800円+税

以前は80台も出たのに最近は100オーバーも。または90切りを目前にして足踏み状態。そんなゴルファーがいつでも80台でまわるための方法を気鋭のレッスンプロが指南! 打ち方は気にする必要なし!

 

kogure

◆小暮博則(こぐれ・ひろのり)
1972年11月27日生まれ。埼玉県出身。明治大学商学部商学科卒業。JGTO(日本ゴルフツアー機構)プロ。PGAティーチングプロ。2003年 JGTO ファイナルQT進出。2013年から東京慈恵会医科大学ゴルフ部コーチに就任している。就任後、同大学は2013年度全日本医科大学ゴルフ連盟秋季大会個人優勝、2014年度全日本医科大学ゴルフ連盟春季大会団体優勝を果たす。PFGA(パーフェクトゴルフアカデミー)のゴルフスクールを主宰し、赤坂(東京都)と小手指(埼玉県)にて展開している。 著書に『一生ブレないスイング理論 “左重心スイング理論”でゴルフの常識が変わる』(カンゼン)がある。

PFGA(パーフェクトゴルフアカデミー)ゴルフスクール
http://pfga.co.jp/

最新のカテゴリー記事

JTカップ観戦バスツアー
報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る