■(2015)平成27年5月14日(水)

第83回日本プロゴルフ選手権大会・日清カップヌードル杯

【福島県からご招待した40人が手嶋プロと交歓】

20150514-1

 埼玉県熊谷市の太平洋クラブ江南コースで「第83回日本プロゴルフ選手権大会・日清カップヌードル杯」が行われました。公式練習日に、報知社会福祉事業団では東日本大震災で被災された、福島県の皆さん40人を招待しました。主催の日本プロゴルフ協会の協力で実現したものです。

 福島市、郡山市、二本松市、いわき市から来場された方々は、コースを回る一流プロ選手たちの練習を見学。特設テントで昼食休憩の後、練習ラウンドを切り上げた昨年度の優勝者・手嶋多一プと同組で練習していた市原弘大プロと記念撮影。両プロは、途切れることにないサインの要望にこたえて、しばし交歓されました。

 心配された台風6号の影響もなく、上々の天気にも恵まれ、「広々とした環境で、ゆっくりすることが出来ました。いい一日でした」と、ゴルフ観戦は初めてという女性の参加者も、喜んでいただけたようです。

 手嶋プロ、市原プロ、日本プロゴルフ協会の皆さん、ご協力ありがとうございました。

【日本プロゴルフ選手権大会へのお礼状が届いています】

 報知社会福祉事業団では、5月14日開催(17日まで)の男子プロゴルフメジャー大会「第83回日本プロゴルフ選手権大会・日清カップヌードル杯」に、開催地の地元埼玉県を中心に、高齢者、障がい者、児童福祉施設の利用者、家族、職員の方々を招待する事業を実施しました。また、被災地の福島県の皆さん40人を、ゆったりと選手との交歓も楽しめる、13日の練習日に招待しました。熊谷市の太平洋クラブ江南コースで観戦を楽しまれた施設の方々から、沢山のお便りが寄せられました。

20150514-2

 「ご招待ありがとうございました。ゴルフということもあり、今までなかなかなじみがありませんでしたが、ゴルフ場の広さときれいさに感動し、ひとときのほっとした気持ちになれました。気持ちの切り替えをし、また仕事に従事したいと思います」

 「生観戦するのは始めてで、とても面白かったです。このような機会を設けていただき、誠にありがとうございました」

 「特設テントで日差しを避けて観戦することができ助かりました。表彰式もテントで見ることができ、ブラント選手がトロフィーをもらうと、子どもは大きな拍手をして、僕もゴルフをやろうかな、と話していました。体験できない日本ゴルフ選手権大会を家族ともども観戦できたこと、大変ありがたく思います」

 「メジャーゴルフ大会にふさわしい、また熊谷市の町おこし企画としても盛大で明るいイベントでした。子どものころにゴルフ場は自然破壊につながると聞き、お金がかかるスポーツとの印象から一度もゴルフ経験がありませんでしたが、多くの方が楽しまれる気持ちを理解できる場を与えて頂き、よい経験をさせていただいたことを誠に感謝しております」

 ゴルフ観戦が初めての方が多かったようですが、ゴルフに対する新発見もあり、雰囲気を満喫された方が多かったようです。また、日本プロゴルフ協会が用意された特設観戦テントも、大変好評でした。

 協力いただいた(社福)埼玉県社会福祉協議会、(社福)東京善意銀行、(公社)埼玉県手をつなぐ育英会、(社福)前橋市社会福祉協議会、(公社)日本プロゴルフ協会、そして、記念撮影に応じていただいた手嶋多一さんはじめ、プロの皆さん。ありがとうございました。

公益財団法人 報知社会福祉事業団:http://www.hochi-fukushi.org/

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る