■ 10月7日(金) 最終日

快晴のこの日、最後の巻き返しで上位を狙った日本代表でしたが、コース特有の風に苦しみ、最後まで満足なプレーをすることができなかった。その中、大澤優(17)と伊波川彩奈(14)は大会期間中の自己ベストをマークし、それぞれ順位を上げた。
優勝は男子総合では、J・アームストロング(豪)がこの日3オーバー、トータル1オーバーで優勝。女子総合はタイのV・オランキックンチャイが単女通じて唯一のアンダーパーのトータル3アンダーで優勝した。各国男女代表2名の合計スコアで競う団体戦でもタイが8オーバーで優勝、日本は41オーバーで10位タイとなった。
(豪州小早川)


毎日行うレジストレーション(選手登録)の際、トーナメントマネジャーのデール・ヘイル氏と記念撮影。

毎日行うレジストレーション(選手登録)の際、トーナメントマネジャーのデール・ヘイル氏と記念撮影。

最終日はジャックニュートン氏がスタート時、選手紹介のアナウンスを行う。

最終日はジャックニュートン氏がスタート時、選手紹介のアナウンスを行う。

18番ホールでホールアウトした選手に声をかけるジャック・ニュートン氏。

18番ホールでホールアウトした選手に声をかけるジャック・ニュートン氏。

18番ホールでは各国の選手が集まり、上位選手のプレーを観戦。

18番ホールでは各国の選手が集まり、上位選手のプレーを観戦。

ジャックニュートン氏(中央)と男女総合で優勝したV・オランキックンチャイ(タイ=写真左)とJ・アームストロング(豪)

ジャックニュートン氏(中央)と男女総合で優勝したV・オランキックンチャイ(タイ=写真左)とJ・アームストロング(豪)


各部門の優勝者。

各部門の優勝者。

表彰式はオーストラリア国内選手と海外招待選手とマネジャー、大会関係者など約300名が参加して賑やかに行われる。

表彰式はオーストラリア国内選手と海外招待選手とマネジャー、大会関係者など約300名が参加して賑やかに行われる。

<最終日成績表>
1st2nd3rdFR(現在の順位)(現在の順位)
選手名部門10月4日(火)10月5日(水)10月6日(木)10月7日(金)TOTAL年齢別総合
伊波川 彩名15才女子77777774305T6T13
石川 聖奈16才女子83708081314T25T25
栗原 悠宇15才男子77748278311T45T45
大澤 優17才男子78767574303T18T18

※PAR72
※各部門別の詳しい順位表は、JNJGのオフィシャルページ(JNJGで検索)からご覧頂けます。


■ 10月6日(木) 第3日

ここ数日で最も暑くなったこの日、日本選手にとって苦しいラウンドとなりました。
「とにかくショットの調子が良くなかった」「最後までショットが曲がる原因が分からず、どうしてよいのか分からなくなった」「パットが全然入りませんでした」と、感想はうまくいかなかった言葉ばかりとなった。

早朝、ドアをノックする音が聞こえ、出るとハワイチーム監督のノーマン・アサオ氏が。
「朝ごはんを作るから食べに来い」と誘ってくれた。ノーマンさん、実は、ハワイのゴルフ場で長年シェフとして活躍し、選手を連れての遠征時には必ず料理を作るとのこと。
チャーハン(にんにくたっぷり)、ベーコンとスクランブルエッグのシンプルなものでしたが、「美味しい」と選手はお代わりしていました。


すみません!食事の写真はありませんが・・・前日、夕食後ハワイ選手と記念撮影

すみません!食事の写真はありませんが・・・前日、夕食後ハワイ選手と記念撮影

大澤

大澤


伊波川

伊波川

石川

石川

栗原

栗原


<第3日成績表>
1st2nd3rdFR(現在の順位)(現在の順位)
選手名部門10月4日(火)10月5日(水)10月6日(木)10月7日(金)TOTAL年齢別総合
伊波川 彩名15才女子777777 231T7→T17↓
石川 聖奈16才女子837080 2339↓22↓
栗原 悠宇15才男子777482 233T4↓T38↓
大澤 優17才男子787675 22920↓T28↓

※PAR72
※各部門別の詳しい順位表は、JNJGのオフィシャルページ(JNJGで検索)からご覧頂けます。


■ 10月5日(水) 第2日

早朝のスタートのため、クラブハウスのレストランオープンに合わせ、午前6時にヴィラを出発。
選手は、毎日レジストレーション(選手登録)し、当日のスコアカードとピンシート受け取る。


ピンシート(数字だけのシンプルなシート)

グリーンの奥行きとピンの位置が数字だけで表示された簡単なもの。

レジストレーション(選手登録)案内

レジストレーションの貼り紙
※風が強いため、室内(2階)に移動。
「風が止むまで」と。


栗原悠宇君(15)が首位に!この日74と15歳の部でベストスコアをマークした栗原君が2位と4打差をつけ、同部門のトップに立った。
「昨日より風がなく、セカンドショットの距離が読めたのがよかった」と振り返りながらも「もう少しパットが入れば」と悔しそう。
「明日はマネジメント!」と栗原君。「1オンが可能な距離の短かいパー4のホールも無理に狙わずフェアウエーに置くようにします」と作戦を練っていた。


栗原ティーショット

栗原ティーショット


<第2日成績表>
1st2nd3rdFR(現在の順位)(現在の順位)
選手名部門10月4日(火)10月5日(水)10月6日(木)10月7日(金)TOTAL年齢別総合
伊波川 彩名15才女子7777 154T7T16
石川 聖奈16才女子8370 153T4T14
栗原 悠宇15才男子7774 1511T15
大澤 優17才男子7876 154T16T27

※PAR72
※各部門別の詳しい順位表は、JNJGのオフィシャルページ(JNJGで検索)からご覧頂けます。


■ 10月4日(火) 大会初日

大会初日は、平均風速10メートルと台風並の強風が吹き荒れるなか、日本の4選手は元気にスタートしました。
本大会は、1組に男女各2人が入る組み合わせが恒例となっています。異なる国の男女が同組でプレーすることは、子供達同士が会話する機会を増やす良いシステムだと思います。


石川

石川

伊波川

伊波川

大澤

大澤

栗原

栗原

カメラにむかい笑顔

カメラにむかい笑顔


<第1日成績表>
1st2nd3rdFR(現在の順位)(現在の順位)
選手名部門10月4日(火)10月5日(水)10月6日(木)10月7日(金)TOTAL年齢別総合
伊波川 彩名15才女子7777T9T3
石川 聖奈16才女子8383T27T10
栗原 悠宇15才男子7777T212
大澤 優17才男子7878T26T16

※PAR72


■ 10月3日(月)公式練習日

思ったよりかなり寒い!南半球のオーストラリアは春。今日の気温は最高22℃。ゴルフには絶好の気候ですが、ここハンターバレーはとにかく風が強い。この日も朝から平均8㍍の強風が吹き、アドレスも決まらない状態。「ティーショットのとき、風で体が前に振られました!」と苦笑いの悠宇くん。


練習ラウンド大澤

練習ラウンド大澤

練習ラウンド栗原

練習ラウンド栗原

練習ラウンド石川

練習ラウンド石川

ラウンド伊波川

練習ラウンド伊波川



出場の手続き(レジストレーション=選手登録)を済ませ、「ロングドライビングコンテスト」に参加。


ドライビングコンテスト栗原

ドライビングコンテスト栗原



午後6時からクラブハウスの外庭で行われたオープニングセレモニーでは、オーストラリア各州及び各招待国が国旗を持ち入場。日本チーム入場の際、一段と大きな拍手が送られていた。


オープニングセレモニー入場

オープニングセレモニー入場

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー



■ 10月2日(日)オーストラリア到着

午前10:15分、シドニー空港に到着。
 ピーター・ハインツさんとしゅりさん夫妻が空港で出迎えてくれました。ピーターさんはPGAオーストラリアの終身会員で、世界のメジャートーナメントなどで競技委員として活躍されています。しゅりさんもオーストラリアLPGAのメンバーで主にシドニーで子供達にレッスンを行ったり、豪州のゴルフ事情を多くのメディアでレポートするなど国内外で活動されています。


10月2日

ピーターさんと日本代表の4選手。
(シドニー空港にて)

移動中の車中で熟睡する男子選手

シドニー空港からゴルフ場までバスで移動。約3時間、選手は熟睡モードに。



報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る