ゴルフクラブの性能を左右するのはシャフト。重さ、硬さ、キッキングポイントなどがその重要な要素となるが、従来の概念を覆す新しいシャフト「メビウス」がデザインチューニング社から発売された。「軽く振って飛ぶ」メビウスだ。「R」だの「S」だのフレックス(硬さ)の区別をなくしてワンフレックスとした画期的な“新兵器”になりそうだ。

フレックスという概念を取り払った画期的なシャフトのメビウス

フレックスという概念を取り払った画期的なシャフトのメビウス


 ◆しなるのに曲がらない 軽く振って飛ぶ


 ゴルフクラブを選ぶ時、どうしても目が行ってしまうのがヘッド部分。「いい顔をしている」とか「うまく当たりそう」などなど。だが、実はシャフトが命なのだ。気に入ったヘッドでも、シャフトが合わなければ性能を生かせない。硬いものが合っているのか、軟らかい方がいいのか? キッキングポイントは手元か中か、先なのか? そんな悩みを解決してくれるというのがメビウスだ。


 メビウスはしなり幅をあえて多く取るため、超高弾性炭素繊維を企業秘密となる特殊な方法で巻き込み、シャフトの上、下を硬く、中間を軟らかくしながら低トルクを実現した。シャフトに柔軟性を持たせてしならせ、ねじれを極限まで抑えたことでヘッドの暴れを大きく低減。これにより、軟らかい中間部分のしなりが作った全てのエネルギーを直進性へと変え、「しなるのに曲がらない」特性を有した。同社開発部によると「ターゲットは熟年一般ゴルファー。筋力の衰えた方から『軽く振って飛ぶ』、『かつての飛距離を取り戻した』との声をいただいております」と高評価に満足だ。


 試打用ドライバーは46インチで、ヘッド容積が450cc以上ありそうな深重心タイプ。これに使用されたシャフトは重量65グラムで、白を基調とした色は視覚的効果により“軽さ”を感じた。試しに、セールストークに逆らい力いっぱい振ってみた。うまく当たった。ヘッドスピードは毎秒45メートル。打感はいい。いつも振り遅れ気味で打球がやや右に切れやすいのだが、予想に反しフェアウェーをキープ。飛距離も230ヤードを超えた。

万人が使えるシャフトの秘密は手元と先、中間の硬度剛性の違いにある

万人が使えるシャフトの秘密は手元と先、中間の硬度剛性の違いにある


 次に、シャフトの性能を生かすべく、腕力ではなくスイングで振ってみた。力まなかったせいか、我ながらいい当たり。これもフェアウェーを捉え、飛距離は240ヤードを超えた。シャフトのしなりがインパクトに追いついてうまくヒットできたからだろう。ちょっとした驚きだった。


 このマルチフレックスのシャフトはヘッドスピード毎秒35~42メートルの幅広い層が対象。というのも、遅い場合は遅いなり、速い人は速いなりに、シャフト中間の軟らかい部分がスピードを調整してくれるからだ。


 なお、フェアウェーウッドからウェッジまでワンフレックス仕様。シャフト自体がクラブに合わせてしなり幅をコントロールしてくれるため、同じタイミングで違和感なく振れる。(古賀敬之)


 ◇メビウス ドライバー用シャフトは8万円。フェアウェーウッド用は5万円、ユーティリティー用3万5000円。アイアン用は重量105グラム、85グラムとも3万円(以上税別)。問い合わせはTEL03・5821・6170、またはデザインチューニングHPへ。

JTカップ観戦バスツアー
報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る