石川遼(25)も愛用するスイング解析センサー「CMT―S10G」が昨年末、所属するカシオ計算機から発売された。腰に取り付けてスイングすると、前傾、回転、水平の3方向の角度を計測。デジタルカメラと連携させれば、計測値や体の動きを示すグラフィックをスマートフォンやタブレット端末から動画で確認もできる。

小さなボディーに高機能を備えたCMT―S10G

小さなボディーに高機能を備えたCMT―S10G


 トッププロですら、スイングに好不調の波がある。感覚だけでなくデータに頼ることができれば、それを最小限に抑えることができる。カシオの「CMT―S10G」は、その手助けが可能。実際、米ツアー参戦中の石川も「細かい動きの確認」に使っている。

 

 幅43・3ミリ×縦59ミリ×厚さ12ミリで、重さわずか約31グラムだが、練習場のスイング解析機に劣らない能力を誇る。加速度、方位、ジャイロの各センサーを搭載し、腰に装着してスイングすると、前傾、回転、水平の3方向の角度を計測。計測値と体の動きはリモート撮影用アプリ「EXILIM Connect for GOLF」及び、再生・分析用アプリ「EXILIM Analyzer for GOLF」を無料でダウンロードしたスマホやタブレット端末で瞬時に確認できる。

前傾、回転、水平と3つの角度を計測

前傾、回転、水平と3つの角度を計測


 例えば、アドレス時の前傾は20度だったのに、インパクト時は5度になっていれば、体が起き上がり過ぎ。自分では体をねじっているつもりなのに、トップで30度しか腰が回っていない―などの数字で自分のスイングを把握できる。


 同社のゴルファー向けデジタルカメラ「EX―SA10」と連携させると、ハイスピード動画と組み合わせたさらに詳細な分析も可能となる。アドレス、トップ、ダウン、インパクト、フィニッシュの5ポジションを判別。動画再生の際にタグ付けができる。体の使い方やスイング軌道をコマ送りで確認できる。

 

他人のスイングと比べたり自分のスイングを重ねたりして比較ができる

他人のスイングと比べたり自分のスイングを重ねたりして比較ができる

 タグで頭出しをして再生したり、スピードの異なる2つのスイング動画をタグごとにそろえて重ねて比べたりが可能。2つのスイング動画を上下に重ねて表示することもでき、検証しやすい。好きなプロのスイング映像と並べて比較することもできる。


 昨年11月のカシオワールドオープンでは、片岡大育(28)=Kochi黒潮CC=も初テスト。「手軽にできるのでいいですよね。客観的に自分のスイングが見られるし、数値化すると細やかにできるようになる」と絶賛した。


 ひそかに、2020年東京五輪で金メダルを目指すアーチェリー界などからもフォーム分析に役立てられないかと熱視線を浴びているハイテク兵器。再現性の高い理想のスイングづくりに役立つに違いない。


 ◆CMT―S10G 実勢価格税別3万円。連携が可能なデジタルカメラ「EX―SA10」は同4万5000円。問い合わせはTEL03・5334・4611、カシオ計算機お客様相談室。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る