「球の方向をきめるとき、プロは肩であわせるが、アマはクラブで合わせなさい」
 田中さんはときどき、のけぞるようなことをサラッと言ってドキッとさせるが、これもその一つ。 ゴルフはターゲットゲーム。ドライバー、アイアン、パットなどすべてのショットで目標に正確に打てる者に好結果を約束する。どんなに飛ばしても方向がヅレてしまっては意味がない。ミスのゲームと言われるゆえんでもある。
 そんなところから球を打つ前の準備段階のルーティーンの重要性が話題となるこの頃だ。ゴルフではピンやカップなど目標に向かって正しく構えることは、このゲームが始まって以来永遠に続く大事なテーマとなって久しい。
 だが、これが本当に難しい。

 

 フックスタンスで左かかと前の球を打つとフックボール。オープンスタンスならアウトサイドインのスイング軌道だからスライス。理論上、それはわかるが、実際球を打つと簡単にできないのがゴルフだ。だが、田中さんのいう「プロは肩で合わせるが、アマはクラブで合わせろ」をやれるとそれがあれれれっ!簡単にできる。アマはクラブのフェースを目標に向けろ。名人の実践だ。

フックスタンスデビュー、クラブフェースは目標を向いた田中流のアドレス

フックスタンスデビュー、クラブフェースは目標を向いた田中流のアドレス

 

 「プロは肩でフック、スライスを打ち分ける。左肩をちょっと前に出せばフック、左へ開けばスライス。それだけで自在に球を打ち分ける。でも、アマにはそんな芸当はできません。どうするか?アマは構えたらフェースを左に向けてしっかり球をつかまえにいきたい。そのまま打つと右へ行くからフェースだけかぶせて右へ飛びださないようにします」

 

 ここで思い起こしてほしいのは田中さんの強烈なフックスタンスである。当然、スイング軌道はインサイドアウト。だからそこでフェースを左へ向ける。クラブフェースにしっかり目標をにらませ”あそこへしっかり飛んでいくのだよ“と教え込む。これで、球質はストレート、しかも高弾道になる。

 

 「球の方向、プロは肩のラインで合わせるが、アマはフェースの向きでやれ」-
 プロはスクエアスタンス、左肩と右肩を結んだラインをスタンスラインと平行にして打てるが、アマはフックスタンス、さらに、フェースをかぶせる。技術の差はそれで埋める。

 

 フェースのかぶせ方はアドレス前、クラブを左へねじって左へ向ける。“ええっ?というくらい極端に試しにやってごらんなさい。左には決して行きません。
 田中さんはそのために左甲が上を向いたフックグリップ、何度も繰り返すがフックスタンスだ。ふところを深くしバックスイングをしっかりとってインパクトで左腕をしっかり伸ばすと目の覚めるようなストレートボールだ。以上今回はドライバーショットを頭に入れてやってください。むろん、アイアンもアプローチ、バンカーショットも同じだが、多少の工夫が必要だ、次回は高低を打ち分ける秘伝を伝授する。

 

 ◆田中 菊雄(たなか・きくお) 1935年3月3日、島根・松江市生まれ。81歳。神奈川・川崎市を拠点にリフォーム、食品など5社、社員400人を抱える「北山グループ」取締役会長。東京・よみうりGCなど4コース所属、ハンデ5。初エージシュートは06年8月、71歳のとき静岡・富士国際富士コースを70で回った。173センチ、65キロ。

武藤 一彦(むとう・かずひこ)
ゴルフジャーナリスト。コラムニスト、テレビ解説者。報知新聞には1964年入社、運動部に所属、東京オリンピックはじめボクシング、ゴルフ、陸上担当。編集委員、専属評論家も務めた、入社以来50年、原稿掲載の”記録”を現在、更新中。
日本ゴルフ協会広報参与、日本プロゴルフ協会理事を経て日本プロゴルフ殿堂表彰選考委員、日本ゴルフ振興協会広報メディア委員、夏泊ゴルフリンクス理事を務める。

ゴルフは4メジャーのほか、ワールドカップなど取材、全英オープンは1975年から取材し日本人記者のパイオニア的存在。青木功のハワイアンオープン優勝にも立ち会った。1939年生まれ。東京都出身、立大出。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る