10番でティーショットを放つ7アンダー単独首位の手嶋多一

10番でティーショットを放つ7アンダー単独首位の手嶋多一

 ◆男子プロゴルフツアー ANAオープン第1日(14日、北海道・札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)

 全組が競技を終え、手嶋多一が7アンダーで単独首位発進した。2打差の2位に今平周吾。3打差の4位に谷原秀人、時松隆光、鍋谷太一、竹安俊也、方斗煥(バン・ドファン、韓国)、タウンゼント(豪州)が追う。3アンダーの9位に近藤共弘、小野田享也、久保谷健一、小平智らが続いた。

 宮里優作、池田勇太、片岡大育は2アンダーの18位。今季8試合目の尾崎将司は6オーバーの117位と出遅れた。

最新のカテゴリー記事

JTカップ観戦バスツアー
報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る