笑顔でラウンドするセキ・ユウティン

笑顔でラウンドするセキ・ユウティン

 女子プロゴルフツアー、マンシングウェアレディース東海クラシックは15日から3日間、愛知・新南愛知CC美浜C(6446ヤード、パー72)で開催。日本で初のホステスプロを務める中国人アイドル系美女のセキ・ユウティン(19)=中国ゴルフ協会=が14日、エビアン選手権を最後に現役引退する宮里藍との思い出を語った。

 藍が出場した2009年3月にシンガポールで行われた米ツアーのHSBC女子チャンピオンズ。中国のジュニア大会に優勝したセキはプロアマ戦で藍と1ホールだけ一緒にプレーするチャンスに恵まれた。その日は11歳の誕生日。藍から「ハッピーバースデー」と書かれたサインボールをプレゼントされ「とてもいい思い出です。中国の家に大事に飾ってあります」と笑顔で振り返った。今もあこがれる藍に対して「ゴルフをやめてからも幸せになってほしい」とエールを送った。

 日本ツアー参戦1年目の自身は、現在賞金ランクでシード権獲得(50位以内)圏外の73位。大会に向け「フェアウェーキープと3~5ヤードのミドルパットが決められるかが大事」と上位進出へ、気を引き締めた。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る