11アンダーで単独首位にに立った福田真未

11アンダーで単独首位にに立った福田真未

 ◆女子プロゴルフツアー 伊藤園レディス 第2日(11日、千葉・グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)

 第2ラウンドが行われ、首位でスタートした福田真未が、4つスコアを伸ばして通算11アンダーとし、単独首位に立った。2位とは4打差。最終日は逃げ切りでのツアー初勝利を狙う。福田と並び首位で出た佐伯三貴は73と1つスコアを落とし、通算6アンダーで5打差4位に後退。

 4位から出た川岸史果が69で回って通算7アンダーとし、フェービー・ヤオと並び4打差2位に浮上した。

 2年連続賞金女王で、大会3連覇を狙うイ・ボミは4つスコアを伸ばして通算2アンダーで8位に浮上した。ボミは「久しぶりの60台なのでうれしい」と満面の笑み。

 賞金ランク1位の鈴木愛は通算2アンダーで8位。賞金2位で韓国のキム・ハヌルは通算イーブンパーで22位。初の写真集「ハヌル」が、11日にワニブックスから発売され、会場には写真集を持参して、応援するファンの姿もあった。写真集には、水着風の衣装を着用したセクシーショットもあり「全てお気に入りの写真です。私は自分の手が気に入っています」と話していた。

最新のカテゴリー記事

JTカップ観戦バスツアー
報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る