小平智

 ◆米男子プロゴルフツアー RBCヘリテージ最終日(15日、サウスカロライナ州ハーバータウン・リンクス)

 6打差12位から出た小平智(28)=Admiral=が7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーで並んだ金シウ(韓国)とのプレーオフ(PO)を3ホール目で制した。日本人では青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に次いで4年ぶり5人目の米ツアー制覇の快挙を、日本男子最速の15戦目でスピード達成した。19―20年シーズンまでの出場資格を獲得し、今後米ツアーに本格参戦する。

 ◆小平に聞く

 ―優勝おめでとうございます。

 「頭が真っ白です。わちゃわちゃしているので」

 ―目標はトップ10だった?

 「優勝はダメかなと思ったけど、上の人が落ちてきて最終的に勝てた。本当にうれしい」

 ―POになるまでは?

 「待っている時が一番緊張した。(金と)2打差あった時は座っていた。1打差になり、練習場に向かい練習した」

 ―コースについては。

 「僕が育った日本のコースに似ていて、林が(左右に)分かれていて、ターゲットを狙いやすい。グリーンもあまり癖がなく、そこはよかった」

 ―50回大会で優勝。

 「歴代王者を見てもすごい選手ばかり。自分が加われると思ってなかったけど、節目の年で名前を刻めてよかった」

 ―米で戦う時に先輩に話を聞いたりしたか?

 「昨年から岩田(寛)さん(37)に海外の話を聞いて、自分に合うコースを選んで試合に出た方がいいとアドバイスを頂いた」

 ―振り返ると昨年末に世界ランク51位でマスターズの出場を決められず、まさに地獄から天国?

 「本当ですね。何か、不思議な感じ。これでいろいろな権利ももらえたし、初めてのことに挑戦するのは、人間的に成長できる。いろいろ挑戦したい」

 ―今、一番やりたいことは?

 「時間を気にせずに寝たい」

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る