フィッターと呼ばれる職業が注目されている。ゴルファーのスイングを見て、話し合いながらその人に合ったクラブを提案する。クラブ開発とツアープロのフィッティングに30年以上携わってきた磯貝久生さんも、その1人。このコーナーでは、ゴルファーに多く見られる悩みをフィッターの視点からから解決してもらった。

 

体が回りきらない浅いトップになり、外からクラブが下りてくる

体が回りきらない浅いトップになり、外からクラブが下りてくる

頭を残す意識が強すぎると

頭を残す意識が強すぎると

 ゴルファーにとって、一番多い悩みはスライスです。ゴルフの楽しみは、より遠くへ飛ばすことですが、スライスでは不可能です。正しいスイングを身に付けましょう。ゴルフを習うとき、必ず出会う言葉があります。「スイングをするときには、頭を動かしてはいけない」という言葉ですが、多くのゴルファーは勘違いをします。

 

 頭を動かしてはいけないという意識が強くなりすぎ、体が十分に回らず、その結果、クラブが外から下りてくるアウトサイドイン軌道になります。インパクトはこすったような状態で、飛距離を大きくロスするスライスボールが生まれます。

 

トップでは十分体が回って、オンプレーン軌道に乗せやすい

トップでは十分体が回って、オンプレーン軌道に乗せやすい

軸を首の後ろに持ってくる意識でスイングすれば

軸を首の後ろに持ってくる意識でスイングすれば

 頭を動かしてはいけない、というのは、スイングの支点を顔に置くことではありません。顔の軸を動かさないことではありません。支点は首の後ろです。軸を首の後ろに持ってくる意識が大切です。首の後ろを意識してスイングすると、十分に体が捻転し、スイング軌道はオンプレーンに。ボールをしっかりつかまえた力強い弾道が生まれます。

 

磯貝久生(いそがい・ひさお)1958年2月20日生まれ。東京都出身。60歳。マグレガーやタイトリスト、ナイキなど大手メーカーでクラブ開発やツアープロのフィッティングなどに携わってきた。現在は東京・銀座の「ゴルフクラブフィッティング銀座」(℡03・6228・5637)でフィッターとして豊富な知識と経験を生かして活躍中。明大ゴルフ部出身で、これまで片山晋呉、深堀圭一郎のクラブフィッティングも行った。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る