クラブ開発とツアープロのフィッティングに30年以上携わってきた磯貝久生さん。このコーナーでは、フィッターとしての視点から、ゴルファーに多く見られる悩みを解決してもらっている。前回は、飛距離の出ないスライサーの悩みを解決してもらったが、2回目となる今回は、フック・引っ掛けの悩みを解決してもらった。

 

 タイミングが合うと飛ぶが、大切な場面でプッシュアウトやフックが飛び出し、それが大きな悩みになっているゴルファーがいます。

 

トップから下ろしてくるときにクラブを寝かせてしまうと極端なインサイドアウト軌道になる

トップから下ろしてくるときにクラブを寝かせてしまうと極端なインサイドアウト軌道になる

グリップエンドを体に向ける意識で下ろしてくれば、オンプレーン軌道に

グリップエンドを体に向ける意識で下ろしてくれば、オンプレーン軌道に

 原因は、クラブが極端にインサイドから入り過ぎることです。そのままフェースが返らなければ、プッシュアウトになり、それを避けようとリストターンを使えば、強烈なフックになります。

 

 そういう人に多く見られるのは、トップから下ろしてくるときに、シャフトが寝てしまうこと。極端なインサイドアウト軌道になり、プッシュアウトや引っ掛けた球が多く出ます。当たると飛距離は出ますが、バラつきが多くなるでしょう。

 

 解決策は、グリップエンドが自分の体を向くように下ろしてくることです。そうすれば、シャフトが立ってきて、スイング軌道がオンプレーンになります。

 

磯貝久生(いそがい・ひさお)1958年2月20日生まれ。東京都出身。60歳。マグレガーやタイトリスト、ナイキなど大手メーカーでクラブ開発やツアープロのフィッティングなどに携わってきた。現在は東京・銀座の「ゴルフクラブフィッティング銀座」(℡03・6228・5637)でフィッターとして豊富な知識と経験を生かして活躍中。明大ゴルフ部出身で、これまで片山晋呉、深堀圭一郎のクラブフィッティングも行った。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る