5月24日発売のゴルフ雑誌「ALBA」で、連載が再開されるゴルフ漫画「あした天気になあれ」(ALBA編集部提供)

5月24日発売のゴルフ雑誌「ALBA」で、連載が再開されるゴルフ漫画「あした天気になあれ」(ALBA編集部提供)

 グローバルゴルフメディアグループ株式会社(GGMG)は25日、5月24日発売のゴルフ雑誌「ALBA」で、1981年から91年まで「週刊少年マガジン」で連載され、ゴルフ漫画の金字塔を打ち立てた「あした天気になあれ」(ちばてつや)の続編「新あした天気になあれ」の連載を開始することを発表した。

 原案はちばてつや氏が手掛け、シナリオを信田朋嗣氏、作画は政岡としや氏が担当する。主人公の向太陽がショットの際に「チャーシューメーン」というタイミングを取るかけ声で一世を風靡(ふうび)した大人気漫画。新連載では、26年後の向太陽が主人公となる設定。前作でメジャーの全英オープンで優勝した後、クラブを置いてしまった太陽が46歳で再びクラブを握って4大メジャーを目指す物語。空白の26年の謎や、激闘を繰り広げたライバルの現在の姿が明らかにされていく。

 ちば氏は「太陽がセントアンドリュースで優勝したところで話が終わっています。まだ(海外メジャーの)マスターズや全米オープンが残っていましたからね。46歳の向太陽はどういうゴルフをするんだろうね。読者のひとりとして楽しみにしています」とコメント。子供の頃に「あした天気になあれ」を愛読していたプロゴルファーの宮本勝昌(45)=ハートンホテル=は「小学生くらいの時から読んでいました。ゴルフにとっての『キャプテン翼』的な存在です。周りの友達も読んでいました。続編が出るならすごく気になる。楽しみにしています」と、ALBA編集部を通じて談話を寄せた。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る