◆米男子プロゴルフツアーメジャー第3戦第147回全英オープン 最終日(22日、英国・カーヌスティゴルフリンクス=7402ヤード、パー71)

 世界最古のメジャーは全日程を終了した。強い日差しの下、北海からの強風が吹き荒れ、前日と一変して我慢合戦の様相を呈した。3差5位で出たフランチェスコ・モリナリ(35)=イタリア=が2バーディー、ボギーなしの69で回り、通算8アンダーでメジャー初優勝を飾った。イタリア人初のメジャー制覇。8年ぶりに開催されたカーヌスティでの全英は99年のポール・ローリー(英国)、07年のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)3大会連続で欧州勢が制した。

 日本勢は4月に日本男子5人目の米ツアー制覇を成し遂げた小平智(28)=Admiral=が1バーディー、4ボギーの74で回り、1オーバーで日本人トップの35位でフィニッシュした。初出場の川村昌弘(25)=antenna=は56位で出て3バーディー、3ボギーの71で回り、通算2オーバーの39位で終えた。

 20位スタートの昨季の日本ツアー賞金王・宮里優作(38)=フリー=は2バーディー、6ボギー、1ダブルボギーの77と崩れ、47位へと順位を下げた。16年日本ツアー賞金王・池田勇太(32)=フリー=は52位で出て1バーディー、4ボギーの74で回り4オーバーの51位となった。

 3年ぶりの参戦で6位で出たタイガー・ウッズ(42)=米国=は、前半2つ伸ばして10番では単独首位に浮上。10年ぶりのメジャー15勝目に期待が膨らんだが後半はショットが乱れて、11番でアプローチミスからダブルボギー。12番もラフを渡り歩いてボギーとし71で、5アンダーの6位に終わった。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る