通算17アンダーで優勝し、カップを手に笑顔のギルマン

 ◆女子プロゴルフツアー センチュリー21レディース 最終日(22日、滋賀・瀬田GC西C 6518ヤード、パー72)

 1打差2位から出た日本ツアー初参戦のクリスティン・ギルマン(20)=米国=が、2日目に続いて67をマーク。通算17アンダーとし、大会記録を2打更新して初優勝を飾った。日本初出場のアマが勝ったのは、2012年6月のサントリーレディスを制したキム・ヒョージュ(韓国)以来、史上2人目。首位から初Vを狙った小祝さくら(20)=ニトリ=は、木村彩子(22)=フリー=と並び4打差2位。

 ギルマンが、はにかみながら声援に応えた。最終18番でバーディーを奪い、4打差をつけ初優勝。アマでは史上2人目となる初出場Vに、「信じられない。言葉にならない」と、満面に笑みを浮かべた。

 不慣れな日本で、ほぼ1人で勝った。キャディーは、ブレイデン・ブルックスさん(16)。今大会に出場した20歳の美人アマ・シエラの弟で、親交があるという理由から初めてキャディーを任された。8番でボギーをたたき首位並走も、9、10番での連続バーディーで突き放す。シエラの母・ローラさんは、「今大会でクリスティンが息子に助言を求めたことはない。自分を信じ全て1人でやった。すごいことだと思う」とたたえた。

 ドライバーの平均飛距離は約245ヤードだが、正確性が武器。来年5月にアラバマ大を卒業予定で、今秋には米ツアーの予選会に挑戦する。初勝利で、日本に出場する権利も得たが、「大きな決断になる。家族と相談したい」。目標は全米女子オープン優勝。日本参戦を決断すれば、日本人選手の脅威となりそうだ。(高橋 宏磁)

 ◆クリスティン・ギルマン 1997年9月22日、米国生まれ。20歳。8歳からゴルフを始める。当時16歳だった2014年、全米女子アマで優勝。アラバマ大に進学し、現在は最終学年。18年全米女子オープンは27位。得意クラブは9アイアン。7月18日時点での世界アマランクは8位。家族は両親と姉と妹。身長168センチ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る