◆女子プロゴルフツアーNEC軽井沢72第1日(10日、長野・軽井沢72G北C)

 ツアー本格参戦1年目ながら賞金ランク10位と大健闘している小祝さくら(20)=ニトリ=が5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位と4打差の5位と好スタートを切った。好調の秘密はホームセンターで約1000円で販売されている幅2センチ弱、長さ1メートル強のアルミ板の上にボールを転がすパット練習。正確なストロークでツアー初優勝を狙う。韓国の黄アルム(30)=フリー=が大会コースタイ記録の9アンダーで首位。

 2~3メートルの微妙な距離のパットを次々と沈め、5位と好発進した小祝は慢心することなく、練習グリーンへ向かった。そこには世にも奇妙な練習器具があった。

 幅2センチ弱、長さ1メートル強、厚さ1ミリのアルミ板だ。くぼみがあるレール状の専用練習器具ではない。ボールを慎重に置かなければ、すぐに板の上からこぼれ落ちるほどの繊細さだ。もちろん、水平な場所に設置することが絶対条件。「芯をとらえないと真っすぐいかない」。正確な順回転を生み出すためのシビアな練習だ。

 このアルミ板は特注品ではない。「普通にホームセンターで売られている板です。たぶん、1000円くらい」と小祝は笑顔で話す。今季、ツアー本格参戦ながら3903万4951円を稼ぎ、賞金ランクは堂々の10位。1000円のアルミ板はその約4万倍の賞金をもたらした。

 もちろん、陰の努力があっての成果だ。ホテルにも持ち帰り、部屋でもボールを転がす日々を過ごし続けた。「4月の頃はすぐにボールが板から落ちてイライラした。でも、練習を続けることで確実に良くなった」と充実の表情で話す。

 2位2回を含め、トップ5入りは5回。念願の初優勝は近い。1000円のアルミ板は、20歳の女子プロにプライスレスの可能性を与えている。(竹内 達朗)

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る