14番芝目を読む松田

 ◆女子プロゴルフツアーNEC軽井沢72最終日(12日、長野・軽井沢72G北C)

 8打差7位からスタートした美人プロの松田鈴英(れい、20)=ニトリ=が4連続を含む8バーディー、ボギーなしの64で回り、通算14アンダーで自己最高の3位に食い込んだ。シーズン半ばで昨季の賞金シード獲得ライン(ランク50位)を突破。フル参戦1年目で来季の初シードをほぼ確定させた。韓国の黄アルム(30)=フリー=が17アンダーで完全優勝し今季2勝目、通算3勝目。

 福嶋晃子、宮里藍らに続いた。64をたたき出して7位から3位にジャンプアップした松田は、小祝さくらや勝みなみら同世代のライバルに競り勝ち、歴代の名選手が受賞した「ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞」を獲得した。17番パー3では、もう少しでホールインワンとなるピン右50センチのスーパーショットなど好プレーを連発。「試合で64は初めて。自信になる」

 ニチレイレディス(6月)の4位を上回る自己最高成績によって「大会新人賞」に加え、大きなご褒美も手にした。3位の賞金560万円を加算し、今季の賞金額は2273万5800円に。昨季の賞金シード獲得ライン(ランク50位)の2238万9466円をも超え、初シード獲得をほぼ手中にした。「今季の最大の目標をクリアできたことはうれしい。これからツアー選手権リコーカップ(11月)に出られるように頑張りたい」。優勝者と賞金ランク25位以内の選手だけが出られる最終戦に目標を上方修正した。

 167センチ、54キロの細身ながら飛距離ランク10位(250・14ヤード)。スケールの大きなゴルフと洗練されたルックスで実力、人気ともに急上昇中。大ブレイクは近い。(竹内 達朗)

 ◆松田 鈴英(まつだ・れい)1998年1月24日、滋賀・彦根市生まれ。20歳。10歳からゴルフを始め、2016年に福井工大福井高を卒業。同年のプロテストは失敗したが、17年はトップ合格。その資格で昨季ツアー後半戦に参戦したが、14試合中10回予選落ちで賞金ランク112位に終わった。今季、ツアー出場優先権を争う最終予選会で18位となり、初のフル参戦で飛躍。趣味は買い物。好きな色は紺。167センチ、54キロ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る