前回、飛ばすための正しいアドレスの話をしましたが、今回は飛ばすためのグリップについて話したいと思います。

 

 スライスで飛距離をロスしているアマチュアゴルファーも多いことでしょう。アドレスの間違いから正しい軌道でスイングができないために、スライスしているケースが大半。この場合はアドレスを直すことでスライスは防ぐことができます。アドレスを矯正したのにスライスが直らない。そんな時は、一度グリップをチェックしてみてください。

 

左手少しフック+右手スクエアで握るとナチュラルドローで飛ぶ

左手少しフック+右手スクエアで握るとナチュラルドローで飛ぶ

ここ一番で飛ばしたいなら左右ともフックグリップにするとよい

ここ一番で飛ばしたいなら左右ともフックグリップにするとよい

 グリップはスクエアに握るのが基本。正しく構えて、スクエアにグリップできれば理論上は真っすぐ飛びます。そこで、もっと飛ばしたいなら左手を少しフックグリップ、右手を真横から添えるようにスクエアに握ってみてください。これだけで、自分で手首を返さなくても自然にクラブヘッドがターンします。球がつかまったナチュラルドローになり、強弾道でランが出て総飛距離は伸びます。
 また、ここ一番で飛ばしたい時は、左手をフックグリップ、右手も下から握るフックグリップにすると、もっとヘッドが返りヘッドスピードも上がるので、より強い球で遠くに飛ばすことができます。きちんと球を捉えられるようになるまで練習する必要がありますが、人によっては15ヤードぐらい伸びる人もいます。左手少しフック+右手スクエア。これが飛ばすためのグリップです。(次回は飛ばすための体重移動です)

 

南出仁寛(みなみで・きみひろ)1978年1月6日、大阪府生まれ。40歳。漫才師のオール巨人の長男。ドラコンプロであり、PGAティーチングプロ。キャロウェイゴルフスタッフプレーヤー。06年、08年と10年から17年まで8年連続でドラコン日本選手権で優勝。13年の世界大会では432ヤードの日本記録を更新し、アジア人初の世界大会10位に入賞。サンテレビ「マダムシンコのゴル友!」(毎週月曜・後11時)に出演中。プライベートレッスン随時受付。詳しくは「南出仁寛」で検索。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る