前置きが随分長くなりましたが、いよいよ今日からNSWジュニアチャンピオンシップが始まります!

 

 娘の初日のラウンドはチャールストンゴルフクラブで昼前のスタートグループ。ゆっくり目に10時ごろに宿を出て車で15分ぐらい離れたゴルフ場に到着。ドライビングレンジで体を温めて、アプローチ練習、パター練習を終える頃、そろそろティーオフタイム。ランチのサンドイッチをさっとお腹に入れて準備完了!

 

 さあ試合開始です!
 初日と2日目ともに一緒に回るのは昨日たまたま一緒に練習ラウンドを回ったキャンベラの選手とNSWの選手2人と4人1組のグループ。このグループのギャラリーにはそれぞれ選手の親たちと、NSWの選手のおじいちゃんとペットのワンちゃん。このワンちゃんがとてもお利口さんで、18ホールずっと大人しく観戦してました。日本では犬が一緒に観戦するなんてちょっと考えられませんが。

 

 1番ホールは右ドッグレッグのかなりの打ち下ろし。両サイドの林が気になる緊張の朝イチのドライバーショット。ちょっと引っ掛け2打目もパーオンならなかったけど、パターに助けられパー発進。その後もアイアンの調子がイマイチながら、パターが絶好調で前半11パットでダボ1つ、ボギー1つバーディ3つのイーブン。後半は今度はアイアンが切れ出して、1ボギー2バーディの1アンダー。初日はなかなかいい感じで終われました!いつもの上位陣が結構苦戦してたらしく、結果を見たらアンダー出したのは2人だけの初日2位発進!これは、もしや?!ダークホースになれるのか?!と思ったのもつかの間、リンクスコースのベルモントゴルフクラブでの2日目と、最終組で回った4日目に大叩きをしてしまい。結局5位タイで幕を閉じました(T-T)。 最終日、最終組でのラウンドは良い経験でしたが、4日間を通してスコアをまとめないと勝つのが難しいという事を再認識したトーナメントでした。

 

 いつもは表彰式には顔を見せるジャックニュートンですが、今回はどうしても都合がつかなかったらしく残念ながらジャック不在での表彰式でした。でもジュニア育成に力を入れているジャックニュートンジュニアゴルフだけに、商品も豪華で盛りだくさん!ちゃっかり娘のリオンも1日目のラウンドのデイリー賞をもらいました (^^;

 

 さあ意気消沈してる暇もなく730キロの道のりを我が家の待つゴールドコーストまで一気に走ります!出発は表彰式が終わった後の夕方6時。すでに真っ暗な夜間の道のりは昼間より動物が飛び出してくる可能性大。どうかカンガルーが飛び出してきませんように!!と祈りながらの運転。途中で愛車プリウスのゲージがなんと20万キロをマーク!5年目のプリちゃん、北へ南へと頑張ってくれてます!これからも過酷な長距離ドライブが続くとは思いますが、頼むから故障なしで頑張ってちょうだい!!

 

   

   

   

   


   

   

   

   


   

   

   

   


   

   

   

   


   

   

   

   


   

   


 

◆肥後 正史(ひご まさふみ)
1969年8月10日生まれ 来年で半世紀を迎えます!(笑)高校時代はサヨナラの場面で三振しましたが一応甲子園球児(汗)その後大学野球のため渡米しテキサスの大学で在学中全米準優勝を経験、当時は野茂さんも未だメジャーデビューしておらず、白人至上主義のテキサスでは人種差別を受けながらも日本人プレーヤーとして日本の野球を伝える。遠征ではKKK(クー・クラックス・クラン)にも行ったり、乱闘試合を3度体験(2度は私が理由…)
帰国後は出身地鹿児島の総合商社に入社、在籍中豪州に駐在。 その後日本に帰国しテックス インターナショナル エージェンシーを設立、野球用品 Team TIAを立ち上げ現在に至る。 娘の莉音が4年前からゴルフをはじめ夫婦で娘のゴルフ活動をサポート 今年の8月からは Evolve Athlete Academy(EA2)という現役ゴルファーの親が、親の目線で運営する「アスリートの将来に役立つ」ゴルフアカデミーを設立。http://golf.teamtia.co.jp自分が経験した海外スポーツ体験を生かし、より多くの日本人アスリートに国境、言葉のハンディを超えて、将来に役立つより良い経験をしてもらう為のサポートをする。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る