◆女子プロゴルフツアーマンシングウェアレディース東海クラシック最終日(16日、愛知・新南愛知CC美浜C=6446ヤード、パー72)

 10位から出た美人プロ香妻琴乃(26)=サマンサタバサ=が8バーディー、ボギーなしの64で回り、通算15アンダーとしてプロ8年目でツアー初優勝を飾った。

 スタートから1、3、5、7、9、11番と奇数ホールすべてでバーディーを奪う快進撃。12番で初の偶数ホールバーディーを決めると、最終18番で2・5メートルのバーディーパットをしぶとく沈めた。

 ホールアウトから約40分後。最終組から3組前でプレーした香妻はプレーオフに備え、練習グリーンで調整中に朗報を聞き、感激の涙を流した。横峯さくら(32)=エプソン=の父・良郎氏(58)が主宰する「めだかクラブ」で一緒にゴルフを始めた同学年の出水田大二郎(25)=TOSS=がRIZAP KBCオーガスタ(8月23~26日)でツアー初優勝。幼なじみの快挙に刺激を受け、念願の初Vを成し遂げた。

 1打差2位に新垣比菜(19)=ダイキン工業=、岡山絵里(22)=ニトリ=、イ・ミニョン(26)=Q CELLS=、アン・ソンジュ(31)=モスバーガー=が続く大混戦だった。

 昨季賞金女王の鈴木愛(24)=セールスフォース=とアマチュアの安田祐香(17)=兵庫・滝川二高3年=は3打差の6位だった。首位から出た中国の美人プロ、セキ・ユウティン(20)=MEDIHEAL=は17番でトリプルボギーをたたくなど終盤に崩れ、15位に終わった。

 ◆香妻 琴乃(こうづま・ことの)1992年4月17日、鹿児島・鹿屋市生まれ。26歳。3歳からゴルフを始める。横峯さくらの父・良郎氏が主宰する「めだかクラブ」で、姉貴分のさくら、同い年の出水田大二郎、弟の陣一朗(24)らと腕を磨いた。2011年、宮崎・日章学園高を卒業後し、同年のプロテストに一発合格。14年にサマンサタバサレディース、ミズノクラシックでプレーオフに進出するも惜敗したが、賞金ランク19位に躍進し、初の賞金シードを獲得。その後、伸び悩み、16、17年は賞金シードを逃した。今季もここまで賞金ランク84位と低迷していたが、今回の優勝で3年ぶりの賞金シード獲得を決めた。趣味は音楽鑑賞、ヨガ。157センチ、51キロ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る