女子プロゴルフツアーのミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(報知新聞社後援)は21日から3日間、宮城・利府GCで行われる。大会では社会貢献活動に取り組んでおり、出場プロ6選手が19日、仙台市青葉区にある宮城県立こども病院を慰問した。

 特別協賛の住友ゴム工業と契約を結ぶ横峯さくら(32)と三浦桃香(19)がコメントを発表した。

 横峯「前回2006年に来させていただいた時は、子どもたちに頑張ってほしい気持ちで訪問しましたが、今回は子どもたちからパワーをもらえたのが率直な感想です。時間は限られていましたが、色々お話したり、手を握ったり、触れ合うことができました」

 三浦「初めてこういう慰問活動に参加させていただき、とても良い経験になりました。今週テレビに映るようなプレーをして、今日お話した子どもたちに元気を与えられたらいいなと思います」

 ほかには、アン・ソンジュ(韓国)、三ケ島かな、松田鈴英、永井花奈が訪問した。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る