前回、バックスイングは「上げる」のではなく「下げる」ということをレッスンしました。ヘッドを引きずるように始動することで左肩が支点になり、スイングアークが大きなトップをつくることができるのです。
 今回は、トップから切り返し、ダウンスイングについて説明します。

〈1〉ダウンスイングでは最も大事なことは「右に懐をつくる」こと〈2〉右に懐をつくれば強いボールが打てる〈3〉右に懐がない悪い例。クラブヘッドが遅れ、ボールに力が伝わらない

〈1〉ダウンスイングでは最も大事なことは「右に懐をつくる」こと〈2〉右に懐をつくれば強いボールが打てる〈3〉右に懐がない悪い例。クラブヘッドが遅れ、ボールに力が伝わらない

 ここで、最も大事なことは「右に懐をつくる」ことです。
 プロはクラブが下りてきても腰は回っていません。むしろ、もうひとひねり逆回転しているので、体の右に空間ができます。これが「右に懐をつくる」ということです。インパクトでバーン!と腰を一気に回しているのです。だから、ボールに力が伝わり、ボールが飛ぶのです。
 多くのアマチュアは“勘違い”をしています。切り返しと同時に腰がベローン…と回ってしまっているのです。これは「右に懐がない」状態です。そうすると、クラブヘッドが遅れてくるので、ボールに力が伝わらず、弱々しいスライスボールになってしまいます。
 腰を回すのはインパクトの瞬間、いえ、インパクトの後でもいいぐらいです。その意識を持てば「右に懐をつくる」ことができます。ダウンスイングで右に空間をつくって強いボールを打ちましょう。
(取材、構成・竹内 達朗)

 ◆森 守洋(もり・もりひろ)1977年2月27日、静岡・下田市生まれ。37歳。下田北高入学後にゴルフを始める。高校卒業後、米カリフォルニア州サンディエゴで修業し、20歳でプロ転向。22歳で帰国。「ダウンブローの神様」と呼ばれる陳清波プロ(83)に師事し、ゴルフ理論を磨いた。2011年、賞金シードを逃すなど低迷していた女子プロの原江里菜(27)とコーチ契約。昨季、賞金ランクで自己最高の9位と躍進した原を陰で支えた。東京ゴルフスタジオ主宰。172センチ、70キロ。

 ◆東京ゴルフスタジオ 室内に5打席、スイング解析機、バンカーアプローチエリア、トレーニングスペースなどを、屋上にパッティンググリーンなどを備える。森コーチを始め7人のスタッフの指導は分かりやすく、楽しいと評判。入会金1万円、月会費2万~3万円、メンバーレッスン料(40分)は2000円(金額はいずれも税別)。詳細は東京ゴルフスタジオ(TEL03・5314・1551)まで。所在地は東京・三鷹市北野4の5の41。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る