難しいクラブの5アイアンは指を3本分、余らせるくらい短く握ります

難しいクラブの5アイアンは指を3本分、余らせるくらい短く握ります

 今回はミドルアイアン、具体的に5アイアンについて説明します。

 最初にクラブセッティングの話をしましょう。埼玉栄高の先輩の渡辺彩香さん(21)は3アイアンが入っていて格好いいですけど、私は3アイアンを使いこなすパワーがないので、アイアンは5番からです。アマチュアゴルファーで3アイアンを打てるパワーのある人は少ないでしょう。アベレージゴルファーの皆さんには、見えを張って難しい3アイアンを入れるよりも易しいユーティリティークラブをおすすめします。

 では、ここから本題です。

 3アイアン、4アイアンは本当に難しいクラブですが、5アイアンも十分に難しいクラブです。グリップエンドを指を3本分、余らせるくらい短く握った方がいいでしょう。気持ちに余裕も生まれます。

 アドレスではグリップエンドが左股関節を指すように構えます。そして、ボールの位置は真ん中が基本。右過ぎると体がつまるし、左過ぎるとクラブヘッドがボールに届きません。真ん中からボール半分右、あるいはボール半分左の中で、自分がしっくりくる位置を探してください。私の場合はボール半分ほど左です。

グリップエンドが左股関節を指すように構えるとアドレスがしっくりします

グリップエンドが左股関節を指すように構えるとアドレスがしっくりします

 スイングは大振りしないことが基本です。5アイアンという難しいクラブだからこそ、以前に説明した腰から腰までの「ビジネスゾーン」を思い出してください。手先ではなく、体全体を使ってサンドウェッジで30ヤードを打つイメージです。アイアンは飛ばすことよりコントロールが大事です。

 ◆江沢 亜弥(えざわ・あや)1994年4月21日、埼玉・日高市生まれ。21歳。大東建託所属。3歳でゴルフを始め、8歳から大宮英二プロ(47)の指導で本格的に取り組む。埼玉栄高2年時に1学年先輩の渡辺彩香らともに全国高校選手権で団体優勝。13年に卒業し、同年8月のプロテストに一発合格。昨年、ツアー優先出場権を争う最終予選会で21位になり、今季のほぼすべての試合の出場権を獲得。趣味はショッピングとネイルアート。家族は父・利光さん(47)、母・佳子さん(48)、妹・亜季さん(17)。161センチ、53キロ。

 

 

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る