つま先下がりのライはどっしりと構えることが基本です

つま先下がりのライはどっしりと構えることが基本です

つま先上がりのライの悪い例。クラブフェースが返りやすいので注意です

つま先上がりのライの悪い例。クラブフェースが返りやすいので注意です

 今回は傾斜地からのトラブルショットについて説明します。

 まず、置かれた状況を認識することが大事です。傾斜地から打たなければならないということは、その前のショットをミスしたということです(フェアウェーのうねりが大きいコースを除けば)。ですから、次のショットは普段よりも慎重、かつ、冷静になる必要があります。距離的に届くからといって長いクラブで無理にグリーンを狙っていいことはありません。短めのクラブで刻むことが第一の選択肢になります。

 さて、ここから本題です。

 つま先下がりとつま先上がり。より難しいのはつま先下がりです。つま先下がりのライはスライスしやすいですが、フックもします。左右両方に曲がるリスクがあるのです。では、どうすればいいか。どっしりと構え、バックスイングからフォローまで下半身を動かさないイメージを持ってください。

 次につま先上がりのライです。ここからはフックしかしません。スライスはしません。クラブを短く持って、クラブフェースを返さないことがポイントです。

 つま先下がり、つま先上がりのライで共通することは、テイクバックを欲張らないことです。コンパクトに振ることが基本です。

 ◆江沢 亜弥(えざわ・あや)1994年4月21日、埼玉・日高市生まれ。21歳。大東建託所属。3歳でゴルフを始め、8歳から大宮英二プロ(47)の指導で本格的に取り組む。埼玉栄高2年時に1学年先輩の渡辺彩香(21)らと全国高校選手権で団体優勝。2013年8月のプロテストに一発合格。昨年の最終予選会21位で、今季のほぼすべての試合の出場権を獲得。家族は父・利光さん(47)、母・佳子さん(48)、妹・亜季さん(17)。161センチ、53キロ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る