第53回

●2016年12月1・2・3・4日  優勝 朴 相賢
53park
 初日
 賞金ランク2位から逆転賞金王を狙った谷原が最高のスタートを切った。1イーグル、3バーディー、ボギーなしの65で回り、2位に1打差で武藤と並ぶ首位発進。「ショットはストレスがなかった」と6番パー5で残り255ヤードの2打目を、3ウッドでピン左4メートルにつけてイーグル。14番では残り115ヤードの2打目をPWでピン左20センチに絡めるスーパーショット。シリーズ出場10回目で初めて首位発進した。2位には小平、藤本、韓国の朴相賢、金亨成。石川は5打差16位につけた。
 2日目
 3位で出た小平が5バーディー、1ボギーの66で回り、通算8アンダーで首位に1打差の2位に浮上した。尊敬する片山の打ち方と道具までもまねた“完コピ”で、課題のアプローチが向上。「記録がモチベーションになっているし、優勝したい気持ちは人一倍強い」。ジャンボ尾崎の27歳248日を塗り替える27歳84日での最年少メジャー3冠へ、1打差を守った。朴相賢が9アンダーで単独首位。初日首位の谷原は68で4位に後退した。68で回った石川は2アンダーで14位。
 3日目
 15年大会覇者の石川が4バーディー、ボギーなしのベストスコア66で回り、通算6アンダーで首位と5打差の5位に浮上した。大会前週に行われたW杯(豪州)で松山英樹から「スペシャルレッスン」を受け、アイアンショットが復調。8位で出た賞金ランク首位の池田が67で回り、8アンダーで首位と3打差の2位に浮上。逆転賞金王には優勝しかない同2位・谷原は72と崩れ6打差7位に後退した。1973年のツアー制施行後、最年少メジャー3冠を狙う小平が11アンダーで単独首位。
 最終日
 池田がプロ10年目で初の賞金王に輝いた。2位から出て5バーディー、1ボギーの66で意地を見せ、通算12アンダーで1打差2位。年間獲得賞金を2億790万1567円に積み上げ、13年の松山英樹以来4人目の2億円超えとなった。勝利にこだわる性分のため「悔しい思いが強い」と2位という結果に唇をかんだ。大会初出場の朴相賢が18番でチップインバーディーを奪い、逆転で日本ツアー初優勝。本大会の韓国人選手の優勝は史上初。首位から史上最年少でのメジャー3冠を狙った小平は1打差2位に終わった。
順位 選手名 ツアー勝利数 賞金ランク 1R 2R 3R 4R 合計 +-
1 朴 相賢 0 8 66 65 71 65 267 −13
2 金 庚泰 3 3 68 66 69 65 268 −12
2 池田 勇太 3 1 68 67 67 66 268 −12
2 小平 智 1 6 66 66 67 69 268 −12
5 谷原 秀人 3 2 65 68 72 64 269 −11
6 石川 遼 1 19 70 68 66 68 272 −8
7 詹 世昌 1 35 69 66 70 68 273 −7
7 武藤 俊憲 0 13 65 69 71 68 273 −7
9 藤本 佳則 0 15 66 68 71 69 274 −6
10 片岡 大育 1 5 68 69 74 64 275 −5
10 呉 阿順 0 121 69 68 69 69 275 −5
12 永野 竜太郎 0 18 71 68 71 66 276 −4
12 金 亨成 0 30 66 66 72 72 276 −4
14 宋 永漢 1 4 71 69 70 67 277 −3
14 宮里 優作 0 20 71 67 70 69 277 -3
14 塚田 陽亮 1 28 71 69 68 69 277 -3
14 藤田 寛之 0 29 73 67 67 70 277 -3
14 H・W・リュー 0 21 70 67 69 71 277 -3
19 小池 一平 0 27 71 72 70 65 278 -2
19 趙 珉珪 1 38 70 69 71 68 278 -2
19 今平 周吾 0 10 68 69 70 71 278 -2
19 小田 孔明 0 22 69 71 68 70 278 -2
23 高山 忠洋 0 16 73 67 68 71 279 -1
23 稲森 佑貴 0 26 70 69 67 73 279 -1
25 片山 晋呉 1 9 69 70 68 73 280 +0
26 朴 ジュンウォン 1 24 69 73 68 73 283 +3
27 趙 炳旻 1 48 70 72 72 71 285 +5
28 B・ジョーンズ 1 23 70 72 75 69 286 +6
28 宮本 勝昌 0 14 70 70 75 71 286 +6
30 時松 隆光 1 54 74 68 73 73 288 +8
ページ上部へ戻る