第7回報知シニアアマゴルフ選手権 大会競技規則

期日

 

平成30年6月12日(火)、13日(水)

場所

箱根カントリー倶楽部

 

本競技においては、日本ゴルフ協会発行のゴルフ規則とこの競技の条件・ローカルルールを適用する。本書に記載の無い事項や追加変更がある場合は競技規定や選手への通知文書、または競技会場での掲示物に掲載されるので必ず参照すること。
 ゴルフ規則によって別に定められている場合や本書に罰が記載されている場合を除き、本競技の条件とローカルルールの違反の罰は、「2打」とする。

 

競技の条件

1.競技委員会の裁定
 競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、すべての事柄について、この委員会の裁定は最終である。
2.使用球の規格(ゴルフ規則177ページ参照)
 『公認球リストの条件・付属規則Ⅰ(B)1b』を適用する。
3.使用クラブの規格(ゴルフ規則176ページ参照)
 『適合ドライバーヘッドリストの条件・付属規則Ⅰ(B)1a』を適用する。
4.競技終了時点
 競技委員長の成績発表がなされた時点をもって終了したものとみなす。
5.ホールとホールの間での練習禁止(規則7-2注2)
 『ゴルフ付属規則I(B)5b』を適用する。(ゴルフ規則181ページ参照)
6.プレーの中断と再開
(1)通常のプレーの中断(落雷などの危険を伴わない気象条件)については、規則6-8b,c,dに従って処置すること。
(2)険悪な気象状況にあるため、委員会の決定によりプレーが中断となった場合、同じ組のプレーヤー全員がホールとホールの間にいたときは、各プレーヤーとも委員会からプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。プレーヤーがあるホールを始めていたときは、プレーヤーはすぐにプレーを中断しなければならず、そのあと、委員会よりプレー再開の指示が出るまで、プレーを再開してはならない。プレーヤーがすぐにプレーを中断しなかったときは、規則33-7に決められているような、罰を免除する正当な事情がなければ、その競技者は競技失格とする。
この条件の違反の罰は競技失格(ゴルフ規則6-8b注)
(3)プレーの中断と再開の合図について
 ・通常のプレー中断
 ・険悪な気象状況による即時中断
 ・プレーの再開
 キャディーのトランシーバー及びゴルフ場放送施設を通じて競技者に連絡する。または、競技委員を通じて連絡する。
7.移動
 『付属規則Ⅰ(B)8.移動』(ゴルフ規則183ページ参照)
8.キャディー(規則6-4注)
 正規のラウンド中、プレーヤーが委員会によって指定された者以外をキャディーとして使用することを禁止する。この条件の違反の罰は『付属規則I(B)2』を適用する(ゴルフ規則179ページ参照)。
9. タイの決定
 1位者が複数の場合は、18番ホールにおいてホールバイホールのプレーオフを行い、優勝者を決定する。なお、3名以上でプレーオフが行われる場合、優勝者以外のプレーヤーは2位タイとする。

 

ローカルルール

1.アウトオブバウンズ(規則27-1)
 アウトオブバウンズの境界は白杭をもって標示する。
2.修理地(規則25-1)
 修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示する。
3.ウォーターハザード、ラテラル・ウォーターハザード(規則26-1)
 ウォーターハザードは黄杭または黄線、ラテラル・ウォーターハザードは赤杭または赤線をもってその限界を標示する。線と杭が併用されている場合はその線が限界を標示する。
4.動かせない障害物(規則24-2)
 a. 排水溝
 b. 人工の表面を持つ道路に接した排水溝(その道路の一部とみなす)
 c. 動かせない障害物と白線でつながれている区域(その障害物の一部とみなす)
 d. グリーンエッジまで残り100y(4番ホールのみ残り120y)を表示する黄色のIPポイント

 

注意事項
1.パッティンググリーンに著しく損傷を与えるシューズ(メタルスパイク)は使用禁止とする。
2.競技委員会は、競技中を含めいつでも出場に相応しくないと判断した競技者の参加資格を取り消すことができる。
3.打ち放し練習場においては、備えつけの球を使用し、スタート前の練習は1人1コイン(25球)を限度とする。なお、アプローチ・バンカー練習場(打ち放し練習場手前左側)は球数の限度は設けず、自己の球または打ち放し練習場の備え付けの球を使用可能とする。
4.プレーの進行に留意し、先行組との間隔を不当にあけないよう注意すること。プレーの不当な遅延は、ゴルフ規則6-7により罰せられる。
5. 距離測定器の使用は不可とする。
6. 大会初日の打ち放し練習場の利用は最終組のホールアウト時点から1時間までとする。

競技委員長 波間 秀夫

 

大会ヤーデージ TOTAL:PAR 72、YARDS 6631

No123456789OUT
PAR43445345436
YARDS3751454253805301903605003853290
No101112131415161718IN
PAR34543544436
YARDS1804004863901954903704304003341

※コースコンディションにより、ヤーデージを変更する場合があります。

 

インフォメーション
1.欠場者があった場合、組み合わせおよびスタート時間を変更することがあります。
2.クラブハウス、食堂、練習場は、第1、2日目ともに午前6:00にオープンします。
3.欠場する場合は、①大会事務局TEL:03-5479-1383(平日のみ10:00~18:00)、また【6/10~13】の期間中はTEL:080-2565-2497に連絡をしてください。いずれも不通の場合は、②箱根カントリー倶楽部TEL:0460-84-8571に連絡してください。※無断欠場(可能性がある)の場合、所属クラブなどに連絡、ご報告をさせていただく場合がございます。
4.練習施設は最終組ホールアウト後から1時間使用することができます。
5.精算は最終日に一括して行えます。また、ロッカーも指定練習日から同一のロッカーを使用することができます。
6.キャディバッグは、各日、倶楽部のサービスカウンターで保管することができますが、盗難、破損などの不具合が生じた場合は主催者には一切の責任がないものとします。
7.選手同伴者(ゲスト)のコース内入場は可能です。但し観戦エリアはカート道路上のみとします。打球事故、転倒などにはくれぐれもご注意ください。観戦時のトラブル、ケガ、体調不良など自己の責任で対応していただきます。※軽いケガなどの応急処置は可能。
選手同伴者のクラブハウス内の入場はトイレ、食堂、ラウンジのみとします。食堂を利用する際は、現金対応も可能。(選手のロッカーキーで一括精算も可能)
8.クラブバスは運行しません。(6/12、13)
9.本競技の成績、組み合わせはWEBサイト「ゴルフ報知」にて即日公開します。
「ゴルフ報知」で検索 → 「第7回報知シニアアマゴルフ選手権」クリック → 成績または組み合わせ または大会事務局(080-2565-2497)に問い合わせしてください。← ※大会期間中(6/11~13まで)のみ応対
10.Jアラート(全国瞬時警報システム)や緊急速報メール等により緊急情報が伝えられた場合はプレーの即時中断とします(競技の条件6項参照)。主催者および倶楽部の指示に従って避難してください。

 

【ドレスコード】※厳守してください
1.クラブハウス入場時は上着を着用すること。
2.半ズボンを着用する場合は、必ずハイソックスを着用すること。
※詳細は箱根カントリー倶楽部のホームページを参照してください

 

スマートフォンはこちら >>
報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る