大手メーカーでのクラブ開発やツアープロのフィッティングなどに30年以上携わってきた磯貝久生さん。最終回となるこのコーナーでは、片山晋呉、深堀圭一郎などのトッププロにも提供した、フィッターとしての最新ノウハウを提供してもらった。シャフト、ヘッド、グリップ…。あなたのスイングを“気持ちよく”する秘訣とは。

 

 フィッターは、あなたのスイングを診断し、最適なクラブ選びをアドバイスします。シャフト、ヘッド、グリップ。スイングに合ったものを選ぶ必要があります。

 

フッカーは手元調子を

フッカーは手元調子を

ヘッドは重心位置などを

ヘッドは重心位置などを

 シャフトは先調子、中調子、手元調子などがあります。スライサーはヘッドが返りやすい先調子を、フッカーは手元調子を選んでください。何度か打つことで、自分に合ったクラブが分かるでしょう。

 

 ヘッドは、フェースの向き、ヘッド形状、重心位置、フェースの高さなどの要素を考慮しながら、フィッティングを行います。年月が経つと、ヘッドスピード、スイングが以前とは異なりますから、定期的なフィッティングも大切です。

 

グリップは太さが重要

グリップは太さが重要

 グリップは、太さが重要です。細いグリップはリストターンしやすいので、スライサー向け、フッカーには手でこねるような動きを抑える太めのグリップをおすすめします。

 

 アドバイスは行いますが、やはり大事なのはフィーリング。気持ちよく打てるなら、そのクラブはあなたに合っています。違和感を感じるようなら、フィッターに相談しましょう。

 

磯貝久生(いそがい・ひさお)1958年2月20日生まれ。東京都出身。60歳。マグレガーやタイトリスト、ナイキなど大手メーカーでクラブ開発やツアープロのフィッティングなどに携わってきた。現在は東京・銀座の「ゴルフクラブフィッティング銀座」(℡03・6228・5637)でフィッターとして豊富な知識と経験を生かして活躍中。明大ゴルフ部出身で、これまで片山晋呉、深堀圭一郎のクラブフィッティングも行った。

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る