Monthly Archives : March 2015

第36回全国小学校ゴルフ選手権・横尾要カップの組合せが決まりましたので発表します。学年別など6部門で争われる大会です。みんなガンバレ!

03.30 17:45

森田理香子プロがダンロップNEWボールを絶賛

 ダンロップスポーツが今春新発売したプロ・上級者向けの「NEWスリクソン Z―STAR XV」と、飛びを求めるアマチュアゴルファー向けの「ゼクシオ AERO DRIVE(エアロドライブ)」が、いままでにない飛距離性能を実

プロアマが同じ土俵で争う日本初のオープン競技、「関西オープン」の誕生 初のオープンチャンピオンは福井覚治

 1926年、6人のプロが出場した日本プロ選手権が行われた4か月後の11月、同じ大阪・茨木CCでプロとアマチュアが日本一をかけて争う「第1回関西オープン選手権」が行われた。プロだけの試合が日本プロ選手権。そのプロとアマチ

【三觜喜一が作る故障しないジュニアのスイング】下半身から上半身とクラブヘッドに連動させる

 3回にわたってアドレス時の「背中のアーチ」と「肩をはめる」ことの重要性を説明してきました。いよいよスイングに移るわけですが、ゴルフクラブの末端であるクラブヘッドを効率良く、かつ、素早く振るためには、下半身の動きを上半身

【松井功のグリーン放談】ランダムアソシエイツ代表取締役・戸張捷氏

 政財界に幅広い人脈を持つ松井功・日本プロゴルフ協会相談役(73)=スポーツ報知評論家=が、各界のトップランナーにゴルフや経営について聞く「松井功のグリーン放談」。第13回のゲストは、ゴルフ中継の解説でおなじみの戸張捷ラ

ルールミスで勢い止めた宮里美香 武藤のコラム

米女子ツアーの「JTBCファウンダースカップ」(米アリゾナ・フェニックス)で宮里美香が手痛いルールミスに泣いた。よくあるグリーン周りの処置ミスだった。ラウンドでちょくちょくあるケース。役立つので、美香プロには気の毒だが、

03.24 19:10

キャロウェイゴルフ「XRシリーズ」ぶっ飛びフェアウェイウッド

キャロウェイゴルフが今年2月に発売したフェアウェイウッド「XRシリーズ」が女子プロの間で高い評判を呼んでいる。昨季2勝を挙げ、今季は07年以来の賞金女王への期待が高い上田桃子(28)、昨季3勝で賞金ランク2位のテレサ・ル

03.19 11:20

【三觜喜一が作る故障しないジュニアのスイング】「キャットバック」でアーチの感覚つかむ

 2回にわたって、アドレス時の腰のアングルと、肩甲骨のポジションを説明してきました。確認すると、背中は緩やかにアーチを描き、肩がはまった状態(下半身はひざを少し曲げて柔らかく)が正しいアドレスです。この「緩やかなアーチ」

【鈴木が試した】ヨネックス「トライプリンシプル ウェッジ」バンカー&ロブ専用でシャンクざっくり撲滅

 ヨネックスから奇妙な形のウェッジが、4月上旬に発売される。「トライプリンシプル ウェッジ」と名付けられた新製品には、これまでの常識では考えられないような工夫がいっぱい。「シャンク、ざっくりを撲滅」と言ううたい文句は本物

03.12 10:40

【三觜喜一が作る故障しないジュニアのスイング】体幹を使うために肩を「はめる」

 前回、アドレスでは「背中が緩やかなアーチを描くように」指導していると紹介しました。これまでは「スイングの軸は背骨。なるべくまっすぐにしなさい」と教えられてきたはずです。背骨をまっすぐにしようとすると、腰を反るように突っ