◆米女子プロゴルフツアー ハナバンク選手権第1日(11日、韓国・仁川スカイ72GC)

 米ツアー1勝で賞金ランク6位の畑岡奈紗(19)=森ビル=が8バーディー、1ボギーの7アンダー、65をマーク。今季2度目でツアー3度目となる首位発進を決めた。

 寒さと強い風という難しい条件下で、フェアウェーを外したのは1ホールだけ。「まず、堅実なショットを打てたのでバーディーチャンスを多く作れた。それが今日のゲームで大きな助けとなりました。プロゴルファーとしては、どんな強い風の中でも堅実なショットができることが大事だと思うので」と振り返った。

 さらに、計21パットとグリーン上でもさえを見せた。「いいロングパットが打てた。グリーンのスピードに合わせられました」とほほ笑んだ。

 首位と2打差の2位にチャーリー・ハル(英国)とダニエル・カン(米国)。77で回った上原彩子(34)=モスバーガー=は、5オーバーの60位と出遅れた。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る