◆米男子プロゴルフツアー 第100回全米プロ選手権第1日(9日・米ミズーリ州ベルリーブCC、7316ヤード=パー70)

 【セントルイス(米ミズーリ州)9日=岩原正幸】6年連続出場の松山英樹(26)=LEXUS=はショットが安定し、メジャーでは約1年ぶりのボギーなしとなる2アンダー、68で首位と4打差の16位で発進した。メジャー25戦目で、昨年の全英オープンと並ぶ初日自己最少スコアで、全米プロ初日の自己最少スコアを更新した。昨年3打差5位の好相性大会で、フェアウェー(FW)キープ率71・43%とティーショットが光り、日本人初のメジャー制覇への期待を抱かせた。

 3年連続5度目の出場の池田は3バーディー、1ボギーの2アンダー、68と16年全英に並ぶメジャー自己最少スコアで、日本人最高に並ぶ16位で滑り出した。出だしの1番で第2打を50センチにつけるバーディーで勢いに乗った。フェアウェーキープ率78.57%、パーオン率83.33%と「アイアンショットがすごく切れている。ここ数か月で一番いい」と自画自賛した。

 7月末から投入したキャロウェイ社のドライバー「ローグ サブゼロV」も絶好調だ。8番、17番と2つのパー5できっちり伸ばした。メジャーでは15ラウンドぶりの60台に「メジャーだからと気負わずにできている」と精神面の安定を好調の要因に挙げた。第2日も「気持ちが入りすぎないように」と冷静に臨む。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る