今回、紹介するのが、私のスクールの肝とも言うべき「かご練」です。ジュニア期においては、ゴルフクラブのような棒状のものでスイングを作ろうとすると、どうしてもボールに当てることだけに意識がいきがちです。そこで、かごのような大きなものを両手で体の正面で持ちながらスイングすることで、両腕と体の一体感を感じさせようというものです。また、腕だけでなく体全体を使ったスイングが身につきます。やり方は難しくありません。

ボールかごを振る三觜スクールの生徒。かごがぶつからないように、縦に振るのがポイントだ

ボールかごを振る三觜スクールの生徒。かごがぶつからないように、縦に振るのがポイントだ


 練習場のボールかごを両手で持ちます。両手はかごの幅の分だけ開きますが、構いません。それをクラブのように振るのですが、その時、生徒同士がギリギリ、ぶつからない程度に向かい合わせ、背中合わせに並びます。掛け声に合わせて一斉に振るのですが、後ろや前の生徒にぶつからないように振るには、かごを縦に振るしかありません。前回、説明した「縦方向への体の使い方」が自然と身につきます。

 もう一つ大事なポイントが、切り返しで腕が右回り(時計回り)に下りてくる感覚をつかむことです。よく、「オンプレーン」と言いますが、トップからクラブをまっすぐに下ろそうと思ったら、多少、腕が右回りにループしてこないとプレーンに乗りません。自分の感覚的に「まっすぐ」のつもりで下ろすと、ほとんどの場合、腕は左回り(反時計回り)して、クラブは外から下りてきます。ハンドルを切るように、体の右サイドではかごを右に、左サイドでは左に回しながら振ります。空間に8の字を描くような感覚と言ったら、分かっていただけるでしょうか。

 実は、半年間、小3の女の子にボールを打たせる代わりにやらせていたのが、このかご練でした。女の子は地味な練習に一生懸命、取り組んでくれました。お蔭で、この練習の優秀さが証明できたと思います。(取材、構成・鈴木憲夫)

 

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る