ショートアイアンの引っかけを防ぐには、ボール1個分先までフェースを返さずに我慢するイメージを持ってください

ショートアイアンの引っかけを防ぐには、ボール1個分先までフェースを返さずに我慢するイメージを持ってください

 今回はショートアイアン、具体的に9アイアンについて説明します。
 プロの場合は、ピンに絡ませたいクラブ。アベレージゴルファーの場合、グリーンに確実に乗せたいクラブです。前回、説明した5アイアンに比べると、短いので確かに易しい。しかし、ここに落とし穴があります。
 パー4でドライバーをナイスショットして第2打が9アイアンというチャンスを迎えたのにグリーン左に大きく外した、という苦い経験を持つアベレージゴルファーは多いと思います。それはなぜか? クラブが短いためにハンドダウンになり、トウ側が浮くので、引っかかりやすくなるからです。
 9アイアンの引っかけを防ぐにはどうすればいいか? フェースターンを抑えることです。具体的に言うと、ボール1個分先までフェースを返さずに我慢するイメージを持ってください。
 もう一つ。以前に説明した「ライン出し」を思い出してください。バックスイングはスリークオーター(4分の3)で、フォローは大きく。ボールの方向性を重要視します。この時、右足を踏ん張り、めくれ上がらないように気をつけます。
 今度、パー4の第2打が9アイアンというチャンスがきたら、ぜひ、生かしてください。
 ◆江沢 亜弥(えざわ・あや)1994年4月21日、埼玉・日高市生まれ。21歳。大東建託所属。3歳でゴルフを始め、埼玉栄高2年時に全国高校選手権で団体優勝。13年のプロテストで一発合格。昨年の最終予選会21位で今季のほぼすべての試合の出場権を獲得。趣味はショッピングとネイルアート。家族は父・利光さん(47)、母・佳子さん(48)、妹・亜季さん(17)。161センチ、53キロ。

最新のカテゴリー記事

報知広告案内
報知チャリティ情報
ページ上部へ戻る