第7回

●1970年11月25・26・28・29日  優勝 杉原 輝雄
 各選手の名札をつけた風船を飛ばすのが開会式の恒例。「一番上がったのが優勝だ」と観衆が注目する中、杉原のが最も高く舞い上がった。
 その杉原は第1日目69、2日目73で回り2日間首位を快走。2位には2打差で謝が続いていたが、東京での3日目、思わぬハプニングが生じた。謝が電車事故にぶつかりスタートに間に合わず失格。この日69で回った杉原は2位の島田に4打の大量リードとなり、最終日も危なげなく通算6アンダーで5年ぶり2度目の優勝。
順位 選手名 資格 1R 2R 3R 4R 合計 +-
1 杉原 輝雄 関西プロ 69 73 69 73 284 -6
2 島田 幸作 関西オープン 72 74 69 72 287 -3
3 橘田 光弘 日本オープン 77 72 70 69 288 -2
4 佐藤 精一 日本プロ 79 71 73 72 295 +5
5 石井 富士夫 関東プロ 72 78 73 76 299 +9
謝 永郁 関東オープン 69 75 失格
[注]謝は、第3日、小田急電車の事故でスタートに遅れ失格。
ページ上部へ戻る