第2回

●1964年11月4・5・7・8日  優勝 陳 清波
 東京五輪にわいたこの年、東京よみうりCCがオープン。大阪と東京の両よみうりCCを使うスタイルが確立した。
 第1日は杉原が69の好スコアで2位の杉本に4打のリード。濃霧がたちこめた2日目、杉原は76をたたき後退、代わってコースレコードタイの68で回った杉本が首位に。3日目は陳が69で追い上げ杉本と並び、3位は5打差で杉原。2人の争いに絞られた最終日、連続バーディーでスタートした杉本が後半崩れたため、陳が優勝。コースには昭和32年のカナダ・カップ(霞ヶ関)以来という5千人の観衆が集まり熱戦を見守った。
順位 選手名 資格 1R 2R 3R 4R 合計 +-
1 陳 清波 関東プロ 75 68 69 72 284 -6
2 杉本 英世 日本オープン 73 68 71 74 286 -4
3 杉原 輝雄 関西オープン
関西プロ
69 76 72 74 291 +1
4 森 泉 関東オープン 74 76 78 69 297 +7
5 橘田 規 日本プロ 77 77 76 74 304 +14
ページ上部へ戻る